パターンメイキングについて

アパレルの世界では製図のことをパターンメイキングといいます。
弊社では衣装の製作の際はずっとパソコン上で製図ができるCADソフトを使ってパターンメイキングを行っております。

ですのでご依頼いただいた衣装の型紙は全てパソコン上でデータとして保管をさせていただいております。
またパソコンの故障などでデータが失われないように、定期的に外部メディアにバックアップを取っております。

追加生産などの際は、どんな昔に製作したものでも当時のデータをそのまま使用することができますので、「メンバーが増えたので前に作った衣装を1着だけ追加してください。」とか「こんどのメンバーは背が高いので着丈、袖丈、パンツ丈を長くして製作してください。」「サイズは前回と同じでいいのでデザインを少し変えてください。」といったご依頼にもすぐに対応することが可能です。

使用しているCADソフトはAdobe Illustrator上のプラグインソフトであるiPMを使用しております。
衣装製作の場合、通常のアパレルとは違ってイラストレーターで製作した紋様や図案を型紙上に合わせる作業が多いため、そのままイラストレーター上でシームレスに作業できることが気に入っており、もうかれこれ10年以上は使い続けております。

cad02
こんなかんじで製図を行います。これはファーストパターンの製図中です。

cad01
そして縫い代を付けて、ペンプロッタといわれる大きなプリンターのような機械を使って紙に出力します。

メンズ、レディース、キッズ、ティーンズ、ヤング、ミセスなどなど、どのようなご依頼も専用の原型を使ってパターンメイキングをさせていただきます。
サイズに関してご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.